インターネット広告運用と集客を考える。

インターネット広告は集客に有効なのか??

 

個人事業主や中小企業にとっての広告は、今までなら折込広告やローカル紙の広告、もしくはポスト広告がメインでした。

大企業はテレビや新聞や雑誌などの、大きな媒体で流す広告。

 

マツイ
ここ数年で大きく流れが変わりました。

 

近年の携帯電話の普及率が137%、スマートフォンは75%!

スマホを触っているだけなのに、何かしらの広告を目にしています。

 

しかも、Google広告やYahooプロモーション広告、Facebook広告などはAIの学習機能がスゴい!

あなたの広告はこういう感じの人に配信すれば、もっと購入して貰えますよって教えてくれます。

 

ちょっと気になったダイエットサプリの記事を数日前に見たとします。

すると、なぜかダイエットに関する記事が目に付きます。

 

それは、AIが学習してあなたを追いかけているから。

リターゲティングと言います。

 

無差別に配布する広告の時代から、高確率でアクションを起こしてくれる属性の人に配信する広告の時代に変化しています。

 

しかも、低予算で始められるというメリットが大きいですね。

 

アクションにつながる

インターネット広告のメリットに、アクションに繋がりやすいというのがあります。

 

チラシだと問い合わせや購入などは、自ら電話をかけたりホームページを開いたりする必要があります。

 

インターネット広告はボタン1つでアクションを起こせるので、ハードルがかなり低いです。

CTA(コールトゥアクション)と言います。

日本語では行動喚起。

 

問い合わせるボタンや、購入はコチラからのボタンなどがそうです。

よくあるCTAは

  • 購入
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 会員登録
  •  メルマガ登録
  • 定期購読登録
  • コメント記入

など。

広告を見てもらった人にアクションを起こしてもらうために目立つように設置します。

 

気になった人は、思わずそのボタンを押してしまう。

ハードルが低いので押しやすい。

 

これは、大きなメリットです。

 

重い腰を上げる必要がない事は、ちょっとだけ興味がある人も行動を促せます。

 

また、近くの〇〇というお店を探している人にも直接的な広告を配信可能です。

自分のサービスに繋がるキーワードを指定した広告の配信は、来店促進に効果的です。

 

データを可視化

折込広告を配布した時に、実際はどれくらいの人が目にしてくれたのか?

読んだけどアクションを起こさなかった人はどれくらい?

 

ローカル紙の広告も同じです。

3万部〇〇地域に配布していますというだけで、実際のデータが不明です。

 

インターネット広告は、データを収集できます。

 

実際にページを見た人。

その後、何%の人がボタンを押して行動したのか。

そこから何人が購入してくれたのか。

 

ホームページに誘導した場合は、どの場所が読まれていて離脱ポイントはどこなのか?

全てをデータに蓄積できるので、どんどん修正をしていく事が可能です。

 

低予算でスタートを切れる

新聞広告や雑誌広告と違いクリック課金型広告を利用すれば、実際に広告をクリックした分だけ費用がかかるので、初期費用がいりません。

 

1クリックの最大予算や1日の予算を指定できるので、予算を抑えた中での最大限の広告を配信する事も可能です。

 

実際にライバルが少ない『良いキーワード』を見つけられると、1クリック10円程度のビックリするような低予算で効率の良い広告も可能です。

 

ホームページへの誘導だけの広告なら低予算でスタートできます。

 

広告運用

インターネット広告の運用をどう考えるか?

 

自分でするのか?

依頼するのか?

 

よく相談をされます。

 

そういう人には、予算が無く自分でするしか選択肢が無いなら。

必死で勉強をして自分で失敗を繰り返して、運用を覚えてください。

 

予算が多少でもあるなら、運用代行に任せたほうが良いです。

 

コロコロ変わる媒体のルールやデータの見方。

そして、誘導ページのヒートマップ管理と修正。

 

自分の仕事を集中してください。

勉強するにも、運用するにも、慣れないことに時間を取られます。

あなたの日給や時給で、その時間を計算してみてください。

 

もしくは、インハウス化する。

インハウスとは、外注をせず自社で行うこと。

 

社員に勉強してもらい社内で全てを行う。

その社員の給料や経費なども計算してみて、判断してください。

 

どちらを選ぶのも、最終的な判断はあなたです。

 

詳しい運用代行費用についてはこちらをご覧ください。

インターネット広告運用代行 料金表

大事なこと

大事なことは、自分のサービスを必要としている人に知ってもらうこと。

 

わたしが、一番悲しかった言葉。

 

『知ってたらお願いしたのに。』

 

相談されたお客様が一番言う言葉。

 

そのお客様も、変なところにお願いした結果、行くも地獄戻るも地獄に。

予算も無いので、どうにもならない??

って相談をされます。

 

機会損失は一番してはいけないと思いました。

 

知ってもらっていたら、その時は繋がらなくても思い出して貰える事もあります。

わざわざ探してくれる人もいます。

 

知らない事で、サービスを提供している人も必要としているはずの人も損をしてしまいます。

 

まとめ

インターネット広告は、流れにのると非常に効果を発揮してくれます。

新しいビジネスチャンスにも繋がります。

 

自分の仕事をもう少し伸ばしたい時。

地域に自分のサービスを認知させたい時。

色んなケースで利用が出来ます。

 

自分のサービスに合った属性の人に、広告を配信出来ます。

 

マツイ
広告についてご相談したい方は、下記からどうぞ。

 

 

お名前必須
姓:
名:
フリガナ必須
セイ:
メイ:
メールアドレス必須
職業・業種
電話番号 ※ハイフン不要
お問い合わせ内容必須
合言葉必須 14 + 2 = ?
>お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

インターネットを利用した集客について詳しく相談したい人は下記をクリックしてください。

CTR IMG